• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • Offisial髭男dism「HELLO EP」大舞台で輝く彼らの原点となるテーマがふんだんに盛り込まれたファン必聴の作品
HELLO EP

Offisial髭男dism「HELLO EP」大舞台で輝く彼らの原点となるテーマがふんだんに盛り込まれたファン必聴の作品

TVドラマ主題歌「Pretender」の大ヒットにより、揺るぎない国民的アーティストの地位を獲得したOfficial髭男dism。
そんな彼らによって2020年8月にリリースされたミニアルバム「HELLO EP」。
Official髭男dismのメンバーはこのアルバムについて、故郷の山陰にいた頃の自分たちと大きくリンクする作品となった、と語っています。
わずか4曲という少ない収録曲ながら、その中身は非常に濃密なものとなっています。



HELLO

まずアルバムのオープニングを飾る楽曲である「HELLO」。
この曲は朝の情報番組「めざましテレビ」のテーマソングでもあります。
聞き馴染みのある方も多いのでは?
平日の朝の憂鬱な気分を少しだけ軽くしてくれるような、軽快なハネのあるリズムにポップなメロディ。
そのサウンドは「今日も頑張ろう!」と背中を押してくれるかのようです。

ただこの曲、実はかなり昔に作られていたそう。
彼らがデビューするために上京する前にはすでに原曲が存在した、というから驚きです。
自分たちが格好よく演奏できるようになってからこの曲は表に出そう、と当時から決めていたOfficial髭男dismの面々。
今こうして大勢の人々の前で音楽を演奏する自分たちの姿を、彼らは当時からずいぶん鮮明に描いていたのかもしれません。

パラボラ

さらに「パラボラ」は音楽を始めたばかりの頃の楽しさやときめきのような、キラキラとした輝きをイメージして書いた曲なんだそう。
未来の自分たちが聴いて、過去の輝きはとてもいいものだったな、と思えるような曲。
そんな曲が青春をイメージさせる「カルピスウォーター」のCMとして起用された、というのもなかなか素敵な話なのではないでしょうか。

また、この曲はMVもチェック必須です。
彼らの過去のライブ映像を、バックヤードも含めてドキュメンタリー風に構成しているんですよ。
コロナ禍で以前のようなライブを敢行できない中、過去のライブ映像はとても眩しく煌めきを放っています。
いつかまた、こんな景色を見る事ができますように。
映像を見た誰しもが、そんな思いを抱えるMVなのではないかと思います。

Laughter

Official髭男dismの楽曲がすっかりおなじみとなったTVドラマ「コンフィデンスマンJP」。
その映画版である、2020年7月公開のプリンセス編の主題歌が「Laughter」です。
前作ロマンス編の主題歌が「Pretender」ということもあり、多くの人が期待に胸を膨らませたこの楽曲。
その期待を裏切らない良曲として、彼らはこの曲を世に放ってくれたのではないでしょうか。

山陰から上京する頃の自分たちの姿を思い出しながら描いた、と語られているこの曲。
歌詞からは目の前に広がる青空を見上げながら、今まさに飛び立たんとする鳥の姿が目に浮かぶようです。
自分達がどこまでも高く飛べると、まっすぐ純粋に信じて疑わない。
上京当時の、彼らの希望や期待が詰まった楽曲なのでしょうね。

夏模様の猫

そしてアルバムの最後を飾る「夏模様の猫」。
この曲は彼らがまだアマチュアバンドだった頃、作品をライブ会場などで手売り販売していた時代の音源です。
アルバム全体の昔の自分たちの面影を纏うムードから、今回収録を決めたと話すこの曲。
ピアノとボーカルのみで構成されたゆったりとした曲調は、アルバムの締め括りに相応しいものなのではないでしょうか。
あえてリアレンジもせず、当時作った曲の形のまま、再度演奏して収録されたこの曲。
アマチュアの頃から、彼らの作曲作詞のセンスは他とは違う、抜きんでて光るものがあったことを証明しています。
多くの人々を、唯一無二のポップでキャッチーな音楽で魅了するOfficial髭男dism。
彼らが今回発売した「HELLO EP」は、そんな彼らの在りし日の姿が垣間見える作品です。
このアルバムを聴きながら、まだ山陰にいた頃の、音楽でメジャーになるという夢を燃やしていた彼らの姿を想像してみたり。
あるいは青春時代に夢を燃やしていたあの頃を思い出しながら聴くと、より作品に入り込めるのではないでしょうか?

HELLO EP
アーティスト:Offisial髭男dism
レーベル:IRORI Records
発売日:2020年8月5日

※画像はAmazonから引用させていただきました

関連記事一覧