• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • 春はスピッツを聴こう!今の季節にぴったりなスピッツの春ソング5選♪

春はスピッツを聴こう!今の季節にぴったりなスピッツの春ソング5選♪

スピッツは、今年デビュー30周年を迎える4人組ロックバンド。老若男女問わず、長く愛され続けているバンドです。

ボーカルの草野さんが創り出す、独特の世界観を持つ歌詞と曲。そして唯一無二の歌声。そこに、三輪さんの繊細なギター、田村さんのパンチの効いたベース、﨑山さんの職人技ドラムが合わさり、スピッツのサウンドが作られています。

私が思うスピッツの魅力は、一見スタンダードなようで、深掘りしていくとアウトサイダーな面がたくさんあるところ。曲はどれも親しみやすくてさらっと聴けるのですが、聴き込んでいくと沼が深いというか…。
誰もが知っている定番の曲も、実は歌詞に深い意味があると言われていたり、他にも面白い曲や攻めた曲がたくさんあったりするんです。このギャップがとても魅力的で、長く愛され続ける理由ではないかなと思います。

そんなスピッツの曲。実は春のうたが多いんですよね!
今回は、春に聴きたいスピッツの曲をいくつかご紹介してみようと思います。
有名な曲からちょっとマイナーな曲まで、この季節にぴったりな春ソングをセレクトしてみました♪(良い曲ばかりで選ぶのがすごく大変でした笑)



「春の歌」

1曲目は、タイトルそのまま!「春の歌」です(笑)

春って、新生活が始まったり新しい環境に飛び込んだりすることが多いですよね。
新しい環境や人間関係に不安になることも多かったりしますが、そんなときに、そっと背中を押してくれるような一曲。

個人的に、2番の歌詞にすごく共感します。

“平気な顔でかなり無理してたこと
叫びたいのに懸命に微笑んだこと
朝の光にさらされていく”
【春の歌】作詞:草野正宗

スピッツの曲って、励ますときに真正面から「がんばれ!」と言うのではなくて、隣に寄り添って、「大丈夫だよ」って背中を撫でてくれるような。そんなやさしさがあるような気がします。本当に素敵。

「チェリー」

もう言わずと知れた、名曲中の名曲です。
「チェリー」は、今では卒業ソングの定番でもありますよね。

だれもが知ってる聴きなれた曲だけど、改めて聴いてみると、やっぱり良い曲だなあとしみじみ感じました。

“「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ”
【チェリー】作詞:草野正宗

というサビのフレーズ。本当にやさしくて、どこかちょっと切なくて。春の別れを、前向きにしてくれるような気がします。

一番最後の歌詞にも、改めてぐっときました。

“ズルしても真面目にも生きてゆける気がしたよ
いつかまたこの場所で君とめぐり会いたい”
【チェリー】作詞:草野正宗

この曲は、これからも何十年と聴き続けられる曲なんだろうな。

「若葉」

もう、とっても切ない、別れのうたです。心の奥の方がキュッとなります。

“思い出せる いろんなこと
花咲き誇る頃に 君の笑顔で晴れた 街の空”
【若葉】作詞:草野正宗

切なくてとても辛い別れが描かれているのですが、草野さんの歌声とスピッツのサウンドが、たまらなくやさしいんですよね。
今まさに辛い別れに直面している人は、この曲が少し力になってくれるんじゃないかな。包み込んでくれるような一曲です。

そして曲の最後には、ちょっとだけ背中を押してくれるのも素敵。

“泣きたいほど 懐かしいけど
ひとまずカギをかけて
少しでも近づくよ バカげた夢に
今君の知らない道を歩き始める”
【若葉】作詞:草野正宗

「さわって変わって」

春のドライブで聴きたいロックな一曲!
春の、何かが始まりそうなワクワクする感じ。爽やかな疾走感で、イントロからもう最高です。
そして、意味がわかるようなわからないような歌詞もおもしろい。タイトルの「さわって変わって」からして、なんだか変ですよね(笑)
この妙な感じ、謎めいた感じがスピッツの奥深さなんです。この曲を聴いて、スピッツの沼へぜひ飛び込んでみてください…!

「魔法のコトバ」

まさに春風が吹いてくるかのような、爽やかなサウンドが心地いい一曲。
映画「ハチミツとクローバー」の主題歌でもあります。

“君と語り合った 下らないアレコレ
抱きしめてどうにか生きてるけど”
【魔法のコトバ】作詞:草野正宗

歌詞をみると別れのうたなのですが、とても前向きに描かれているんですよね。
春の、新しいスタートと共に訪れる別れを、やさしい気持ちで乗り越えていけるように後押ししてくれます。

“また会えるよ 約束しなくても”
【魔法のコトバ】作詞:草野正宗

という歌詞がとても心に響きますよね。

春はスピッツを聴こう♪

スピッツの春ソング5選、いかがでしたか?

出会いと別れの季節でもある春。
心が不安定になることも多い時期だけど、そんなときに寄り添ってくれる曲がスピッツにはたくさんあるなと感じました。
歌詞も、歌声も、サウンドも、聴いている私たちを優しく包み込んでくれます。いやー、本当に良いバンドです。

今年デビュー30周年ということですが、これからも末永く応援していきたいですね。
この春は、ぜひスピッツの曲を聴きながら過ごしてみてください♪

※画像はスピッツ公式サイトより引用させていただきました

関連記事一覧