• HOME
  • ブログ
  • 旅行
  • 奄美大島 土盛海岸のビーチで青と白の世界を感じれば、きっと心が穏やかに…

奄美大島 土盛海岸のビーチで青と白の世界を感じれば、きっと心が穏やかに…

みなさん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

普段通りに生活している!という人や、テレワークになってお家時間が長くなった!という人など、きっと様々ですよね。
毎日の過ごし方が変わっていく中で、凝った料理を作るのにハマっている!という人も多いのではないでしょうか。
2020年7月現在、東京からは県をまたいだ不要不急の移動がはばかられるので、私は旅行先の美味しかった料理をお家で再現しては回想する日々です。
といっても、主役はお酒ですが(笑)。

さて今日は、奄美大島の土盛海岸について紹介したいと思います。

白い砂浜に身を投げ出して、
美しい波の音を聴きながら、
ゆったりとした時間を過ごしたい。

そんな欲望を叶えるのにぴったりのビーチです。

土盛海岸は、奄美空港から車で北へ約10分ほど走ったところにあります。
サトウキビ畑に囲まれたまっすぐ続く一本道を抜けると、道からふと外れた場所にひっそりと広がっています。



奄美大島-土盛海岸

奄美大島にはいくつか美しい海岸がありますが、土盛海岸はその中でも群を抜いて美しいと言われているんですよ。
晴れた日には美しいエンジェルブルーを堪能することができ、真っ白な砂浜との対比は時間を忘れて見惚れてしまいます。
私が訪れた時は小雨が降る曇り空でしたが、それでも青い海と白い砂浜の美しさを感じることができました。

しばらく小雨の中でたたずんでいると、海に虹が!
綺麗な半円形の虹が浮かぶ姿はなかなか目撃できるものではありません。
思わず、黙々とシャッターを切ったのでした。
こんな風に日常では見ることができない美しい景色に立ち会うことができるのも、旅の醍醐味ですよね。

波の音に身を任せたり、波が運んできた貝殻を集めたり。
思い思いの過ごし方で“うみ時間”を楽しみましょう。

空港から近いものの穴場的なスポットですので、運が良ければ美しい景色を独り占めできるかも。
10台ほど停められる駐車場には小さなトイレも併設されており、長時間の滞在も安心です。
ただし、個室シャワーや更衣室はありません。
水道はありますが冷たい水なので、あくまでも足を洗う程度と考えるのが良さそうです。

土盛海岸はただ美しいだけではありません。
地形の関係上、離岸流が発生しやすく、事故が多い海でもあるのです。
波打ち際でちゃぷちゃぷと楽しむ分には問題ありませんが、1度沖に出てしまうと危険な目に合う可能性も高いので注意しましょう。
遠浅で一見穏やかな海ですが、常に危険と隣り合わせだということを忘れてはいけません。

また、島ならではの食材を生かしたカフェやレストランも数多くあり、舌でも奄美大島を堪能することができます。
白をベースにしたおしゃれな雰囲気のカフェや、オーシャンビューが楽しめるレストラン、古民家風の雰囲気を活かした居酒屋、繊細な味の違いを楽しめる黒糖専門店など、1日では回りきれないほどです。

奄美大島はゆったりとした時間が流れる穏やかな島です。
島の人々も和やかでのんびりした人が多く、心安らぐ癒しの時間を楽しむことができます。
弾けるようなパワーが楽しい沖縄とはまた違った印象で、場所が近くても文化は様々だということを体感しました。

奄美大島に足を運ぶのは難しくても、今はオンラインショップで現地の食材が手に入る時代。
便利になりましたね。
名物の鶏飯はフリーズドライのものが出ており、ご飯に乗せてお湯を注ぐだけで自宅でも手軽に再現することができます。
もちろんお酒も通販されていますよ笑。
旅行が難しい地域の方は、島時間に思いを馳せながら、舌で奄美大島を堪能してみてくださいね。

【奄美大島 土盛海岸】
住所:鹿児島県奄美市笠利町土盛
交通手段:奄美空港から車で約6分

関連記事一覧